スポンサードリンク

育児放棄とは

育児放棄とはネグレストという言葉で表されることもあり、乳幼児に必要な世話や配慮をせず放置するということを指します。

ちなみにネグレストという言葉には、高齢者や病気の人に対する放置なども含まれます。

育児放棄には、『消極的ネグレスト』と『積極的ネグレスト』があるとされています。

まず『消極的ネグレスト』。これは、親の側に育児放棄をしなければならないという、何らかの理由があるため、「子供に対して十分構いきれない」というような状態を表す言葉です。

例えば、経済的に困窮していて、生活のために働くことに追われてしまっているといった場合。『消極的ネグレスト』が起こる可能性があります。

また、精神的疾患を抱えていたり、知的障害があるといった理由で、子供の養育に関する知識が不十分で、結果的に育児放棄が起こってしまうというケースもあります。

『積極的ネグレスト』とは、『消極的ネグレスト』とは逆で、親の側の事情が特に無いにも関わらず、「育児をしない」というものです。

パチンコに夢中になった親が、車の中に乳幼児を置き去りにするという行為は、育児放棄にあたります。

また、育児放棄の程度や場合によっては、親が刑法上の処罰を受けることもあります。子どもといえども一人の人間ですから、その尊厳を冒すような放棄や放置があってはならないのです。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

スポンサードリンク