スポンサードリンク

育児に対する海外と日本の認識の違い

育児(放棄)に対する見解は個人個人で違います。

家族によっても違います。まして、国が異なると当然違ってきます。

育児放棄に関して、海外と日本では、見解の仕方が異なることがあります。

例えば、日本では子供だけで「おつかい」に行かせることが、当たり前に行なわれています。

しかし、例えばアメリカなどでは、11歳以下の子供を「おつかい」などにやることは、法律で禁止されています。決して行なっては行けません。

旅行でアメリカに行く場合には、注意が必要です。

これには、育児放棄の問題だけが原因ではなく、「治安」という問題が関わってきます。

日本は「治安」が良く、隣近所の目も、子供を優しく見守るという文化もあったため「おつかいをさせる」というだけでは、育児放棄・虐待とは言われなかったのです。

しかし、治安が悪く、一般人が拳銃の所持が認められているといった海外の文化・社会情勢の中で、子供一人で外出させるということが「親が子供を守る責任を全うしていない」として、育児放棄・虐待とみなされることが、多いのです。

これらは、一概に「どちらのやり方が良い、悪い」ということが言えないのです。

ただ、最近では残念ですが、日本の治安も悪化しています。

例えば小学校のへの、集団登校・下校ですが、今まではそれだけでも「安全な感じ」が持てていました。でも最近は、保護者の同伴を行わないと、「安全な感じ」さえもなくなってしまっています。

治安問題と育児問題は密接な関係にあり、育児放棄がもたらす結果もそれによって大きく左右されます。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

スポンサードリンク