スポンサードリンク

育児の機能不全家庭とは

「機能不全家族」という概念が、育児放棄という問題に関連して、広く知られるようになってきました。

「機能不全家庭」とは、‘子育てや、団らん、地域との関わりといった家庭の働きが健全に機能していない’という状態の家族を指します。

そのような家庭で育った子供は、人格形成の大事な時期に「愛情」というものを、十分受けずに育つことが問題となります。

そのため、「機能不全家庭」で育った子供は、愛情を十分受けず育ったため、「子供への愛情」を十分に示すことが出来ません。

それは、「愛情」を学習していないからです。

このようにして、連鎖的に「機能不全家庭」が生み出されていく場合もあるのです。

親から子へ、そしてまたその子へ。負の連鎖です。


また、育児放棄の中には、二種類のケースがあります。積極的ネグレストとして、「理由もなく、十分な子育てをしない」というケースと、消極的ネグレストとして、「親側にも様々な事情があって、育児が十分に出来ない」というケースです。

そうした場合でも、子供が「愛情を知らない」で大人になる事により、様々な問題が起こる原因になっています。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

スポンサードリンク